• 水. 7月 24th, 2024

若者たちの「就農」が語るもの

ByTaiyo

6月 17, 2022
若者たちの就農が語るもの

このところ若い世代の人々が農業に就職することを「就農」などと呼ぶそうです。農業と言いますと、代々受け継がれていく土地とともに家系のなかで引き継がれていくものという風潮がありました。その為、大学を出た若い世代の人々が「就農」を選択することは、なかなか考えづらい時代が続いてきました。ですが最近の若者たちのなかには、現代人の乱れた食生活や農作物に使用される化学肥料や農薬などへの懸念から、「就農」を決意する人々もいるようです。

実際に地方の農業事情は、高齢化とともに過疎化が進む農村地域において、荒廃した畑や田んぼが荒れ果てた状態で放置されている姿もあるようです。そういった地方の農村地域に、熱意を持った若者たちが就農を決意し、土地を開拓していく姿には、多くの人々が励まされている現実もあるようです。

また、都会においては希薄となりがちな人間関係やコミュニケーションなどにおいても、地方での田舎暮らしならではの人々とのつながりを感じるなかで、農業に対する前向きな気持ちが育まれる若者たちも数多く見られるそうなのです。

近年では、工場における野菜作りのロボット生産なども視野に入れられながら農作物生産の安定化が計られるなかで、日本の国内における食物生産を確保していくためには、若い世代を取り込む形での「就農」はあらゆる可能性を引き出してくれるキカッケとなり得るような気がしています。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。