• 木. 6月 13th, 2024

人々の夢の自動車の形

ByTaiyo

6月 23, 2022
人々の夢の自動車の形

現在、各メディアで報道されている自動運転が実用化された社会では、自動車保険の概念やあり方も大きく変化しているでしょう。

まず、自動車保険が必要とされる交通事故の場面で、自動運転する車の事故を誰の責任問題として処理するのかという点について、社会的なジャッジが必要となってくるでしょう。皆さんはこのような近未来的な内容のお話しをどうとらえますか。

車が抱えるリスクについて

車を運転することも乗ることにもリスクがある事は、誰しもが承知の上であると思われますが、実際に皆さんが生活する環境で、自動運転可能な自動車が走りはじめたら、その問題は身近なものとして誰しもが考えなくてはならないはずです。

現在、教習所や自動車学校、合宿免許などで、学科た実技を厳しめの教官たちから学びながら将来的に車の所有を考えている若者諸君たちにも、安全運転を考える上で、今後の選びについても深く考えていただきたいものです。

まとめ

高齢者ドライバーによる、危険運転などが注目されている昨今ですが、高齢者ドライバーでなくとも、交通事故は日本国内のいたるところで起こっています。自動車メーカーは、人の命を奪いかねないリスクを負う自動車を生産・販売していますが、交通事故を未然に防ぐ為の開発も同時に行っています。

交通事故を起こさない自動運転は、ガソリンで走る車が発明された当時から、人々の夢として語られてきた事であるようです。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。