• 火. 4月 23rd, 2024

iPadを格安で購入するコツとは?2022年版

ByTaiyo

5月 17, 2022 ,
格安iPad

タブレット端末として高い人気を誇るiPad。iPadはiOSを搭載しており、使い勝手が良く操作性も高いため、多くのユーザーに支持されています。特にiPhoneユーザーであれば、iPhoneも同じiOSを搭載しているため、操作感が似ておりすぐに馴染むことができます。

iPadと一言にいっても、低価格なものからハイエンドなものまでさまざまなラインナップがあります。

ここでは、これからiPadの購入を検討している方に向けて、iPadを格安で購入する方法について紹介していきます。

ご自身に合ったモデルと購入方法について、是非この記事を読んで参考にしてくださいね。

2022年5月現在のiPadの種類と価格について

iPadは最も安いモデルでは、4万円程度で購入することができます。その他、ケースやApple Pencilなどをあわせて購入すると、2万円ほどプラスでかかります。

2022年5月時点でのiPadのラインナップと、Appleが正規で販売している価格について見ていきましょう。

iPad Pro

  • 12.9インチ(第5世代)

128GB:129,800円(税込)〜

256GB:141,800円(税込)〜

512GB:165,800円(税込)〜

1TB:213,800円(税込)〜

2TB:261,800円(税込)〜

  • 11インチ(第3世代)

128GB:94,800円(税込)〜

256GB:106,800円(税込)〜

512GB:130,800円(税込)〜

1TB:178,800円(税込)〜

2TB:226,800円(税込)〜

iPad Air(第5世代)

64GB:74,800円(税込)〜

256GB:92,800円(税込)〜

iPad(第9世代)

64GB:39,800円(税込)〜

256GB:57,800円(税込)〜

iPad mini(第6世代)

64GB:59,800円(税込)〜

256GB:77,800円(税込)〜

どのモデルのiPadを選んだらよいか?

Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルの違い

まず、iPadにはWi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルがそれぞれ存在します。Wi-Fiモデルの方は、自宅などのWi-Fi環境でインターネットに接続して利用することができます。

一方、Wi-Fi+Cellularモデルは、iPad本体にSIMカードを差し込み、Wi-Fi環境がない場所でもインターネットを利用することが可能です。ただし、Wi-Fi+Cellularモデルは、Wi-Fiモデルと比較して、本体価格が15,000円程度高くなります。

iPadは用途によって選ぶのが最適

現在Appleより販売されているiPadは、廉価なものからハイエンドなものまでラインナップがありますが、どのような用途でiPadを活用したいのかによって、選ぶiPadのモデルが変わってきます。

例えば、手軽に持ち運べて、さっと取り出して仕事などで使いたい場合などはiPad miniがおすすめです。単純にネットサーフィンや動画の試聴など比較的ライトな使い方をしたいのであれば、最も廉価な無印のiPadが選択肢に上がります。

イラストを描く、動画編集、写真編集をおこなうなど、クリエイティブな仕事をする方にとっては、iPad Proが適しているでしょう。

iPadを購入する前に、自分がどういった用途でiPadを利用したいのか明確にしておくと、iPadのモデルを選びやすくなります。

iPadを格安で購入する方法とは?

iPadの購入方法はいくつかあります。それぞれ見ていきましょう。

家電量販店で購入する

全国の家電量販店でiPadを取り扱っている店舗で購入することが可能です。

家電量販店で購入する場合、Appleオンラインストアで販売されている定価よりも若干安く購入できるケースがありますが、ほぼAppleオンラインストアの価格と変わりません。

家電量販店で購入するメリットとして、iPadの機能や使い方などについてスタッフに聞けるというのがメリットとしてあります。

もう一つのメリットとして、家電量販店でiPadを購入すると、それぞれの家電量販店が提携しているポイントも付与されます。

また、家電量販店では在庫処分のため、旧モデルの商品が安い価格で販売されている場合があります。もし最新のiPadにこだわりがないのであれば、選択肢の一つとしておくとよいでしょう。

Apple整備済製品から購入する

AppleストアやAppleオンラインストアで消費者が購入したiPadは、何らかの事情で返品されるというケースがあります。

こうした返品された製品を、Appleが厳しい検査基準に沿ってチェックし、整備して再販している製品を整備済製品とよびます。

この整備済製品は、厳密にいえば中古品になりますが、Appleで厳しい基準で品質や状態のチェックをおこなっているため、新品同様の商品として扱われています。

また、Appleの1年間の製品保証がついてきます。

価格については、新品で購入する場合よりも最大15%引きの価格で購入することができます。

Apple整備済製品は在庫がなくなってしまうと購入することができなくなってしまうので、気になるモデルがある場合は、定期的にサイトをチェックしておくことをおすすめします。

オンラインショッピングサイトから購入する

楽天やアマゾンなどのオンラインショッピングサイトでもiPadを購入することができます。価格については出店している店によってさまざまで、定価よりも安く購入できるケースが多々あります。

また、それぞれのオンラインショップにはポイント付与をおこなっているため、安く購入できるうえに、ポイントも付与される点がメリットとしてあります。

Amazon

AmazonでiPadを購入する場合、定価よりも若干安くなっている場合があります。ポイントについては1%付与されるため、比較的大きな買い物であるiPadを購入すればポイントも多く付与されます。

またiPadはまれにタイムセールの対象となり、通常よりも安い価格で購入できる場合があります。タイムセールの情報は逐一チェックしておくとよいでしょう。

楽天市場

楽天市場では家電量販店や中古ショップがiPadの販売をおこなっています。楽天ユーザーであれば、楽天でiPadを購入することで多くの楽天ポイントが付与されるためおすすめです。

家電量販店のネット通販

家電量販店のオンラインショップでもiPadを購入することができます。それぞれの家電量販店のポイントが付与されるため、よく利用する家電量販店のポイントを貯めたい場合は活用してみましょう。

ポイントは1%の付与率であるケースが多く、価格については定価と同じ価格である場合がほとんどです。

中古のiPadを格安で購入する方法

新品でなく中古のiPadでもいいから安く購入したいという方もいるかと思います。iPadの中古品の購入方法について紹介していきます。

オークションサイトやフリマアプリで購入する

ヤフオクなどのオークションサイトや、メルカリなどのフリマアプリでは、多くの中古のiPadが販売されています。

新品に近いものからジャンク品まであるため、写真や商品説明、出品者への問い合わせなどをして、商品の状態を確認する必要があります。

オークションサイトやフリマアプリのデメリットとして、現物の確認ができないという点です。購入後商品が届いてみていたら故障していたといったトラブルも起こり得ます。

オークションサイトやフリマアプリで中古のiPadを購入する場合は、商品の写真や状態についてしっかりと確認した上で、慎重に購入するようにしましょう。

中古品取扱ショップで購入する

中古品取扱ショップでも、中古のiPadを購入することができます。

中古取扱ショップのメリットは、現物を確認することができる点です。本体の傷の有無や、動作確認もできるため、商品をしっかりと吟味し、納得して購入することができます。

また、中には中古品をメインに取扱っているネットショップもありますので、店舗へ行かずネットで格安のiPadを購入する事も可能です。

まとめ

ここまでiPadを安く購入する方法について解説してきました。iPadを購入できるルートはさまざまありますが、一番おすすめなのは、Apple整備済製品を購入することです。

中古品は製品によって個体差があり、オークションやフリマアプリでは現物を確認できず、後から故障が発覚した場合トラブルになりかねません。

Apple整備済製品は、旧モデルのものも販売されており、品質は新品同様かつ定価よりも安い価格で購入できるうえに、Appleの1年間の製品保証がついてくるため、安心して購入することができます。 これからiPadの購入を検討している方は、この記事を参考に是非ご自身にあった購入方法を検討してみてくださいね。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。