• 水. 5月 22nd, 2024

映画鑑賞で英語力は上達する?

ByTaiyo

6月 9, 2022 ,
リスニングと映画鑑賞は関係あるか

リスニング力を向上させるために映画を見ると良いと言われた人は多いと思います。でも、これはあまり得策とは言えません。英語力を上げるのに映画や海外ドラマを見ると良いというのは、英会話の中級レベル以上の人です。初級の人がこれをやってもリスニング力は上達しません。

中級以上の人は、映画や海外ドラマに出てくる英語表現を覚えているのです。こういうときにはこういうふうに言うのか、こういう表現をつかうのか、ということを考えられる人たちです。そしてある程度リスニング力があるので、あまり聞いたことがない英語でも、発音もついでに覚えるので、リスニングできるようになるのです。

初心者は、ただ聞くだけになります。最初は特に何を言っているか聞こえません。だからとりあえず何度も聞くのですが、やっぱり聞き取れないので、挫折もしがちです。

リスニングはとにかく発音練習

闇雲に英語を聞いても英会話は上達しません。リスニングを上達させるには、ネイティブの発音を学びましょう。

綴りではなく実際の発音を優先して覚えていくのです。そうすればリスニングはすぐにできるようになります。闇雲に英語を聞いてもリスニング力が上がるということはありません。聞こえるようにはなるものの、とても時間がかかるのです。何年もかかるようでは嫌になってしまいます。

よく聞くのが1000時間やればリスニング力がつく、英語が聞こえるようになるというものです。これは英語留学した人が3ヶ月から4ヶ月で英語が聞けるようになるからということで設定されているようです。1000時間というと、一日3時間で一年程度ということです。一日1時間だと3年かかりますね。週に1時間だと21年です。これはなかなか厳しい数字です。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。