• 土. 3月 2nd, 2024

電磁耐性(EMS)とは何か

ByTaiyo

5月 5, 2023
電磁耐性(EMS)

電子機器の普及に伴い、電磁環境がますます複雑化しています。このような状況下で、電子機器が正常に動作するためには、電磁耐性(EMS)が重要な要素となります。

電磁耐性(EMS)とは

電磁耐性(EMS)とは、電子機器が外部からの電磁干渉(EMI)に対して、正常に動作する能力のことを指します。外部からの電磁干渉が機器に影響を及ぼさないようにするために、電磁耐性の向上が求められます。電磁耐性が高い機器は、電磁ノイズの多い環境でも安定して動作し、信頼性が高いと言われます。

             

電磁耐性の重要性

現代社会では、さまざまな電子機器が電磁波を発生させており、それらの電磁波が相互に干渉し合うことで、機器の動作に影響を及ぼすことがあります。電磁耐性が低い機器は、外部からの電磁干渉によって動作が不安定になることがあります。また、重要なインフラ機器や医療機器などの場合、電磁耐性が不十分だと重大な問題が発生することがあります。そのため、電磁耐性を向上させることが重要となります。

            

電磁耐性の評価方法

電磁耐性は、様々な評価方法が用いられています。主な評価方法としては、放射性電磁耐性試験や導電性電磁耐性試験があります。今回はこの2つの試験について詳しく見ていきましょう。

放射性電磁耐性試験とは

放射性電磁耐性試験

放射性電磁耐性試験とは、電子機器が外部からの電磁波に対してどの程度耐えられるかを評価するための試験方法です。この試験は、特に無線通信機器や高周波機器において重要な評価基準となります。

                 

放射性電磁耐性試験の目的

主な目的は、機器が外部からの電磁波の影響を受けずに正常に動作できるかを検証することです。これにより、機器が電磁環境において信頼性を維持できるかを確認することができます。

          

放射性電磁耐性試験の手順

放射性電磁耐性試験は、機器に対して特定の周波数帯で電磁波を照射し、機器の動作に異常が生じないかを調べます。試験は、通常、無反射室や電磁波暗室などの特殊な環境で行われます。まず、機器と電磁波源を一定の距離に設置し、周波数帯ごとに電磁波を照射します。次に、機器の動作状況や性能変化を観察し、異常が発生していないかを確認します。

              

放射性電磁耐性試験の基準

国際標準や業界標準に基づいて試験基準が設定されます。これらの基準により、機器がどの程度の電磁波に耐えられる必要があるかが決定されます。試験基準は、機器の種類や用途に応じて異なります。

         

放射性電磁耐性試験の意義

放射性電磁耐性試験を実施することで、機器が電磁波による影響を受けずに正常に動作できることが確認できます。これにより、製品の信頼性や安全性が向上し、ユーザーにとって安心して使用できる製品となります。また、試験結果をもとに設計や製造工程の改善が可能となり、電磁環境に対する適応能力を高めることができます。

                

放射性電磁耐性試験における課題

試験環境の整備や試験機器の高額なコストが課題となります。特に、無反射室や電磁波暗室などの特殊な環境は整備が難しいため、試験を行う際には専門の試験機関に依頼することが一般的です。また、試験基準が国際的に統一されているため、製品が複数の国で販売される場合、各国の基準に適合するように試験を実施する必要があります。

導電性電磁耐性試験とは

導電性電磁耐性試験

導電性電磁耐性試験は、電子機器が外部からの導電性電磁ノイズに対してどの程度耐えられるかを評価するための試験方法です。この試験は、主に電源ラインや信号ラインにおけるノイズ対策の重要性を評価するために実施されます。

                

導電性電磁耐性試験の目的

導電性電磁耐性試験の主な目的は、機器が導電性電磁ノイズの影響を受けずに正常に動作できるかを検証することです。これにより、機器がノイズ環境において信頼性を維持できるかを確認することができます。

            

導電性電磁耐性試験の手順

導電性電磁耐性試験では、機器の電源や入出力端子に対して特定の周波数帯で電磁ノイズを注入し、機器の動作に異常が生じないかを調べます。試験は、通常、特殊な試験機器を使用して行われます。まず、試験機器を機器の電源や入出力端子に接続し、周波数帯ごとに電磁ノイズを注入します。次に、機器の動作状況や性能変化を観察し、異常が発生していないかを確認します。

               

導電性電磁耐性試験の基準

導電性電磁耐性試験では、国際標準や業界標準に基づいて試験基準が設定されます。これらの基準により、機器がどの程度の電磁ノイズに耐えられる必要があるかが決定されます。試験基準は、機器の種類や用途に応じて異なります。

            

導電性電磁耐性試験の意義

導電性電磁耐性試験を実施することで、機器が導電性電磁ノイズの影響を受けずに正常に動作できることが確認できます。これにより、製品の信頼性や安全性が向上し、ユーザーにとって安心して使用できる製品となります。また、試験結果をもとに設計や製造工程の改善が可能となり、ノイズ環境に対する適応能力を高めることができます。

         

導電性電磁耐性試験における課題

導電性電磁耐性試験には、試験機器の高額なコストや試験方法の複雑さが課題となります。特に、試験機器は専門的な知識を持つ技術者が操作する必要があり、試験の実施には多くの時間と労力が必要です。また、試験基準が国際的に統一されているため、製品が複数の国で販売される場合、各国の基準に適合するように試験を実施する必要があります。

                         

電磁耐性を向上させる方法

電磁耐性を向上させる方法には、機器の設計段階での対策や、既存機器への改善対策があります。
                         
機器の設計段階での対策

機器の設計段階で、電磁耐性を向上させるための設計や部品選定を行うことが重要です。具体的には、回路設計やレイアウトの工夫、シールディングやフィルタリングの適用、接地方法の改善などが挙げられます。


既存機器への改善対策

既存機器の電磁耐性を向上させる方法として、電磁波吸収材や遮蔽材の使用、適切な接地方法の選択、電源ラインフィルターの追加などがあります。これらの対策を実施することで、機器の電磁耐性を改善することができます。

関連記事:基本から理解する電磁世界の騒音問題

                   

おわりに

電磁耐性(EMS)は、電子機器が外部からの電磁干渉に対して正常に動作する能力のことであり、現代社会において重要な要素です。電磁耐性の評価方法や向上させる方法を理解し、電磁環境の問題に対処することで、機器の信頼性や安全性を向上させることができます。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。