• 土. 3月 2nd, 2024

電磁環境の点検方法とトラブルシューティング

ByTaiyo

5月 8, 2023
電磁環境

電磁環境の点検は、電子機器の安全性や信頼性を確保するために重要なプロセスです。本記事では、電磁環境の点検方法とトラブルシューティングについて解説します。電磁環境の点検を行い、問題が発生した場合の対処法を知ることで、機器の性能を最大限に引き出し、トラブルを未然に防ぐことができます。

          

電磁環境の点検方法

電磁環境の点検は、下記3点のような方法で行われます。

(1) 電磁界測定器を用いた測定
(2) スペクトラムアナライザを用いた測定
(3) オシロスコープを用いた測定


それぞれの測定方法について詳しく見ていきましょう。

          

(1) 電磁界測定器を用いた測定

電磁界測定器は、磁界強度や電界強度を測定することができる専用機器です。
測定器のプローブを周囲の空間に置くことで、電磁波の強度をリアルタイムで読み取ることができます。測定結果をもとに、適切なEMC対策を検討することができます。電磁界測定器を使用することで、機器が放つ電磁波が規定値を超えていないか確認し、電磁環境の問題を特定することが可能です。

           

(2) スペクトラムアナライザを用いた測定

スペクトラムアナライザは、周波数領域における電磁波の強度を測定する機器で、様々な周波数帯での電磁ノイズの状況を把握することができます。具体的には、アンテナやプローブを使用して電磁波を受信し、周波数ごとに電磁波の強度を分析します。これにより、問題のある周波数帯を特定し、その原因を究明することができます。また、対策としてフィルタリングやシールディングを適切に実施することが求められます。

           

(3) オシロスコープを用いた測定

オシロスコープは、電気信号の波形を視覚的に表示し、時間領域での信号の挙動を確認できる機器です。電磁ノイズの原因となる信号の異常を検出する際に用いられます。例えば、電源ラインやデータ通信ラインのノイズを確認することができます。オシロスコープを用いて、ノイズの発生源や影響を受ける信号を特定し、適切なEMC対策を選択・実施することで、電磁環境の問題を解決することができます。

トラブルシューティング

電磁環境の点検で問題が見つかった場合、以下のようなトラブルシューティングが行われます。

                          
EMC対策の見直し

EMC対策が不十分である場合、シールディングやフィルタリング、適切な接地方法などの対策を見直し、問題を解決します。

関連記事:基本から理解する電磁世界の騒音問題

             

電子機器の設計改善

電子機器の設計が原因で電磁環境に問題がある場合、回路設計やレイアウトの最適化、部品選定などを改善し、問題を解決します。

              

電磁干渉源の特定と対策

電磁干渉源が特定された場合、その源を取り除くか、適切な距離を設定することで問題を解決します。また、電磁波吸収材や遮蔽材を利用することで、電磁干渉の影響を軽減できます。

           
周辺機器やケーブルの交換

周辺機器やケーブルが電磁環境の問題の原因である場合、それらを交換することで問題を解決します。特に、シールド付きのケーブルを使用することで、電磁干渉の影響を抑えることができます。
                 

電源やアースのチェック

電源ラインやアース接続に問題がある場合、それらを修正することで電磁環境の問題を解決します。適切な電源ラインフィルターの使用やアース接続の見直しを行うことが重要です。

                        

おわりに

電磁環境の点検は、電子機器の性能や信頼性を確保するために欠かせないプロセスです。本記事で紹介した点検方法とトラブルシューティングを適切に行うことで、電磁環境の問題を解決し、機器の性能を向上させることができます。また、点検やトラブルシューティングを定期的に行うことで、長期的な安全性や信頼性の向上にも寄与します。電磁環境の点検を行う際には、本記事で紹介した方法を参考に、効果的な対策を実施しましょう。

Taiyo

私はプロの編集者です。本や雑誌、ウェブサイトなどの文章をチェックして、誤字や文法の間違いを直したり、わかりやすくしたりします。編集者になる前は、ジャーナリストとして働いていました。文章を書くのが好きで、読者に役立つ情報を伝えることにやりがいを感じます。趣味は読書と旅行です。